家庭用生ビールのサブスク【THE DRAFTERS(ドラフターズ)】は、アサヒが独自開発した本格泡リッチサーバーで、自宅で本格的な生ビールが楽しめるおすすめのサブスクサービス。注目の「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」の利用プラン、月額料金、口コミ・評判などを徹底解説していきます。

このサブスクのポイント!

  1. 本格的な生ビールが家庭で飲めるサブスク
  2. 運営しているのは、アサヒビール株式会社
  3. 本格泡リッチサーバーにより、誰でもきれいな泡を作れる

家庭用本格生ビールのサブスクで人気のアサヒドラフターズ

家庭用生ビールのサブスク【THE DRAFTERS】とは出典:https://drafters.jp/

 

コロナ禍で緊急事態宣言が続く現在、毎日の感染者数の推移を見ていると、お店で飲むを我慢して家飲みをしている人も多いのではないでしょうか。

発泡酒や第三のビールもいいけど、どうせ飲むならキンキンに冷えた生ビールを飲みたい。

実は今、家庭で本格的な生ビールが飲めるサブスクリプションサービスがあります。

それが、アサヒのサブスク「THE DRAFTERS(ドラフターズ」)」です!

今回はこの話題の家庭用本格生ビールのサブスク「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」について、サービス内容・利用プラン・月額料金・解約方法・口コミ・評判など詳しく解説していきます。

 

サブスクって何となくは分かるけど…という方は、まずこちらの記事からご覧ください。

>>サブスク(サブスクリプション)とは?本当の意味や種類、サービスを利用する時のメリットデメリットを解説します

 

ドラフターズの口コミと評判

まず、ドラフターズを利用したことがある人たちの口コミや評判をチェックしてみましょう!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kozue(@kozueichisawa)がシェアした投稿

 

ドラフターズのサービス内容

「本当にうまい生ビールを、いつでも、どこでも」をコンセプトに運営されている「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」

運営しているのは、おなじみのアサヒビール株式会社。

サブスク名の「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」は、「うまい生ビールで人生をもっと楽しむいい大人たち」という意味が込められているそうです。

このドラフターズでは、アサヒビールが独自に開発した「本格泡リッチサーバー」が会員に貸し出されます。

このビールサーバーは、業務用の開発で培ったノウハウを活用して、クリーミーできめの細かい泡が抽出できるように工夫されているので、自宅に居ながら本格的な生ビールを楽しめるんです!

 

ドラフターズの特徴

それでは、ドラフターズの主な特徴を見てみましょう。

 

ビールの抽出

  • スタンダードコールド・モード→通常の温度帯(4℃から6℃)
  • エクストラコールド・モード→氷点下温度帯(-2℃から0℃)

おすすめは、何と言ってもあの氷点下のスーパードライが楽しめるエクストラコールド・モードですが、あなたの好みに合わせて美味しいビールを楽しみましょう!

 

本格泡リッチサーバー

アサヒビールがこれまで培った技術を基に、高濃度のクリーミーな泡と氷点下のうまさを実現

こだわったユーザービリティにより、誰でも簡単に本格生ビールに欠かせないきれいな泡を作ることができます。

家庭用生ビールのサブスクサービス「THE DRAFTERS」のビールサーバー出典:https://drafters.jp/

 

ビールサーバーの使い方

使い方は簡単。

  1. ジョッキを冷やす…温度が低いほど泡がきめ細かくなります。まずはジョッキを冷やすところから。
  2. 静かに注ぐ…ジョッキを45°に傾け、ビールをジョッキに沿わせながら注ぎます。静かに泡を立てないようにしましょう。
  3. 止める…黄金比はビール7、泡3です。7分目を意識しましょう。
  4. 泡を注ぐ…タップを奥に倒せば泡が注げます。

画像も参考にしてみてください。

ドラフターズの使い方

出典:https://drafters.jp/

 

ドラフターズの利用方法

ドラフターズは、契約可能数に制限があります。

人気のサブスクのため、会員登録は先着順となる点にご注意ください。

登録にはまず、本会員登録の前に簡単アンケート登録(無料)が必要です。

アンケート登録はドラフターズの公式LINEアカウントから行いますので、このアカウントを友達登録しましょう。

沖縄県および、一部離島地域を除く、全国に住んでいる人が申し込み対象です。

簡単なアンケートへの回答が済んだら、先着順で本会員への登録案内がLINEで送られてきます。

本会員登録が済んだ後は、指定日にサーバーとビールが届きますので、おいしいビールを楽しみましょう。

 

申し込み方法

出典:https://drafters.jp/

 

指定の日時にお届け

本登録会員になった後は、毎月2回、指定の日時に2リットルのスーパードライのミニ樽が送られてきます。

ホームパーティなどで利用する際などは、別途追加のボトルも注文可能です。

※1回の配送は2リットル×16本まで。

ちなみに、セットした生ビールはサーバーの電源を入れたまま冷やしておき、72時間以内に飲み切るのが推奨されています。

 

会員募集スケジュール

現在の会員募集スケジュールは、前の月に翌月分の会員が募集され、先着順で本会員に登録可能です。

ex. 4月会員の場合、3月1日12時に応募開始され、3月21日12時に応募締め切り

 

解約方法について

先ほどもありましたが、THE DRAFTERSのサブスクは最低契約期間が6ヶ月になっています。

6ヶ月以内の解約は、ビールサーバーの整備費として8,500円(税込み)がかかるので注意しましょう。

7ヶ月目以降にサブスクを解約したい場合は、解約したい月の前月20日までにコールセンターへ連絡してください。

レンタルしているビールサーバーの返却手続きなどが必要なため、コールセンターへ連絡する必要があります。

また、解約ではなく翌月配送分を1回スキップすることもできます

その場合も、前月の20日までにコールセンター(0120-08-1022)へ連絡してください。

契約から1年の間で3回スキップすることが可能です。

ただし、スキップする場合でも月額基本料金の2,990円(税込み)はかかるので注意しましょう。

 

ドラフターズの利用プランと月額料金

ドラフターズの利用プランは1つだけです。

月額:7,980円(税込み)

送料:無料

内訳

  • 月額基本料金:2,990円(税込み) *サーバーレンタル料含む
  • ビール料金:4,990円(税込み) *2リットルが2本

生ビールボトルを追加する場合は、1本2リットルで1,980円(税込み)となります。

また、最低契約期間が6ヶ月になっていて、6ヶ月以内に解約する場合はサーバーの整備費として8,500円(税込み)がかかるので注意しましょう。

 

支払方法について

ドラフターズのサブスク料金の支払いは、クレジットカード(VISA/Mater/JCB/AMEX/DINERS)のみとなっています。

代金引換、請求書発行、電子マネー、ギフトカード等は利用できないので注意しましょう。

 

ドラフターズのメリット・デメリット

ドラフターズのサブスクのメリット・デメリットはこんな感じです。

 

メリット

  • 本格的な生ビールが自宅で味わえ晩酌が楽しみになる。
  • 本格泡リッチサーバーが高濃度のクリーミーな泡と氷点下(エクストラコールド)の美味しさを実現。

 

デメリット

  • サブスクの最低契約期間が6ヶ月になっていますが、アサヒの生ビールを自宅で楽しみたい人にとっては、それほどデメリットではないかもしれません。

 

注目のサブスク【ドラフターズ】を始めよう

今話題の家庭用本格生ビールのサブスク「THE DRAFTERS(ドラフターズ)」のサービス内容や利用料金、評判や解約方法、口コミ評判などについて解説してみましたがいかがだったでしょうか?

アサヒが独自に開発した本格泡リッチサーバーで、クリーミーできめ細かい泡を抽出できるようになり、自宅で本格的な生ビールを楽しむことができます。

おすすめのTHE DRAFTERS(ドラフターズ)のサブスクをぜひ試してみてください!

こちらもおすすめ