先日、今年の【日本サブスクリプションビジネス大賞2021】のグランプリが発表されました。見事グランプリを獲得したサブスクとは一体何なのでしょうか。グランプリに輝いたサブスクには賞金100万円が贈られるのだとか!?今年の顔ともいえるサブスクをチェックしましょう。過去のグランプリも併せてご紹介しています。

この記事のポイント!

  1. 【日本サブスクリプションビジネス大賞2021】とは
  2. グランプリに輝いたサブスクって…!?
  3. 過去のサブスク大賞グランプリもご紹介

日本サブスクリプションビジネス大賞2021

日本サブスクリプションビジネス大賞2021

出典:https://subscription-japan.com

 

2021年12月8日(水)、日本サブスクリプションビジネス振興会今年最も優れたサブスクサービスを発表しました。

そもそも「日本サブスクリプションビジネス大賞」とは何かというと、実際に運営しているサブスクサービスを応募して、募った中から決める公募型の大賞」なんです。

サブスクサービスを振興するだけでなく、新しいサブスク創出のきっかけづくりとなるように2019年に創設されました。

(※日本サブスクリプションビジネス振興会・・・ リピーターによる定期的な取引によって売り上げが安定する、ストック型の「サブスクリプションビジネス」の日本国内の振興を目的とし、2018年12月に設立された)

 

今年は2021年9月13日から応募を開始しており、進行スケジュールと選考方法は以下のようでした。

 

日本サブスクリプションビジネス大賞2021

日本サブスクリプションビジネス大賞2021

出典:https://subscription-japan.com

 

ちなみに見事グランプリに輝いたサブスクには、賞金100万円が贈られます。

それぞれ消費者向け(BtoC)部門と企業向け(BtoB)部門があるようです。

どちらの部門でも、表彰内容に関しては以下同様となっています。

ゴールド:50万

シルバー:20万

ブロンズ:10万

特別賞:表彰楯

 

※そもそも「サブスクって何?」という人はこちらの記事をご覧ください。

サブスク(サブスクリプション)とは?本当の意味や種類、サービスを利用する時のメリットデメリットを解説します

 

ながちゃん

動画でも紹介しているから見てみてね!

 

過去のサブスク大賞のグランプリは?

今年のサブスク大賞も気になりますが、まずは過去2年分のグランプリもチェックしていきましょう。

日本サブスクリプションビジネス大賞2019日本サブスクリプションビジネス大賞2020を続けてご紹介します!

 

2019グランプリ:トイサブ(Toysub!)

サブスク大賞が始まった2019年の初めのプランプリは、おもちゃのサブスクで人気の【トイサブ(Toysub!)】でした。

トイサブは0~3歳の子どもを対象に、子どもたちの成長に合わせた玩具をお届けするサブスク。

 

こちらもおすすめ

 

2019シルバー:MEZON

シルバーに輝いたのは、株式会社Jocyが運営する「シャンプー」「ブロー」「ヘアケア」に特化した美容室のサブスクMEZON】。

美容室を毎日でも通える場所にしたい、そんな気持ちから始まったサービスです。

 

2019ブロンズ:Optune

ブロンズに輝いたのは、資生堂ジャパン株式会社が本格的に展開を始めた「IoT パーソナライズスキンケア」のサブスク【Optune】です。

今の肌に合わせて調整されたケアが毎月届くというもの。

 

2020グランプリ:手ぶら登園

2020年のグランプリに輝いたサブスクは、保育園で紙おむつが使い放題になるという日本初のサブスク【手ぶら登園】。

保育園側と保護者のどちらにもメリットがあるという嬉しいサブスクなんです。

 

こちらもおすすめ

 

2020シルバー:GREEN SPOON

GREEN SPOON】は、ひとりひとりに合わせて必要な栄養素を特定し、全25種類のレシピの中からあなたに合った最適なスムージーを届けてくれるというもの。

それだけでなく届くときのBOXもとても可愛いので、部屋に置いておくだけで特に女子はテンションが上がること間違いなしです!

 

こちらもおすすめ

 

2020ブロンズ:subsclife

ブロンズに輝いた【subsclife】は、株式会社subsclifeが運営している日本初の家具のサブスク。

月額制で必要な時に必要な分だけ借りることができるので、本当に必要なモノだけを利用できます。

またこのサブスクを使えば、引っ越しなどでかかる初期費用などを大幅に軽減することができますよ!

 

2021年のサブスク大賞はこちら!

ではお待ちかね、今年のサブスク大賞に輝いたサブスクは一体どれなのでしょうか。

ノミネートされたサブスクから、ゴールド・ブロンズ、最後にグランプリをご紹介していきます。

 

消費者向け部門(BtoC)

まずノミネートされたサブスクはこちらです。

 

【日本サブスクリプションビジネス大賞2021】

出典:https://prtimes.jp

 

この中で各賞を獲得したサブスクは以下のとおり。

  • ゴールド賞:電動アシスト自転車のサブスク
  • シルバー賞:YOJO
  • ブロンズ賞:MEDULLA

 

企業向け向け部門(BtoB)

企業向けでノミネートされたサブスクはこちら。

 

【日本サブスクリプションビジネス大賞2021】企業向け

出典:https://prtimes.jp

 

この中で各賞を獲得したサブスクは以下のとおり。

  • ゴールド賞:JOLLYGOOD+
  • シルバー賞:チラCEO
  • ブロンズ賞:エアプラ

 

2021グランプリ:旅のサブスク「HafH(ハフ)」

日本サブスクリプションビジネス大賞2021【HafH】

出典:https://www.hafh.com

 

見事グランプリに輝いたのは、HafHコインを使って宿泊できる旅のサブスクサービス「HafH(ハフ)」です。

今年は応募企業100社から「お得」「お悩み解決」「便利」の3要素で審査し、HafHが見事栄光を掴みました。

旅のサブスクって何?と思う方も多いと思いますが、HafHは全国1010以上の施設を好きな時に好きなだけ利用できるというもの。

しかも月額たったの2,980円(税込)で使えちゃうんです!

またホテルなどの宿泊施設と提携しており、旅が簡単で便利なものと思えるよう新たなライフスタイルを提案してくれています。

 

HafHについてはこちらの記事でさらに詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみて下さい!

↓ ↓

こちらもおすすめ

 

来年のサブスク大賞にも期待!

2019年からスタートし、今年で3回目を迎えた「日本サブスクリプションビジネス大賞2021」。

今年も素敵なサブスクが賞を獲得しましたね。

サブスクは、利用することで毎日の生活を豊かにし質の良い生活を送れるようにしてくれるもの。

まだサブスクを利用したことがないという方は、ぜひ何か1つ登録してみてください。

きっと生活が豊かになること間違いなしです!

 

こちらもおすすめ