1,500種類以上の撮影機材から返却期限なしでレンタル出来る?「GooPass」のサブスクのサービス内容や料金を徹底調査してみました。レンタル可能な機材は一眼レフからドローン、望遠レンズなど…種類やメーカーについても記事内でご紹介しています!

このサブスクのポイント!

  1. 1,500種類もの撮影機材の中から月額定額制でレンタルできるサブスク
  2. レンタルできる機材の種類はコースによって異なる
  3. 返却期限はなく月額料金を払っている間はレンタルできる

カメラレンタルのサブスク【GooPass/グーパス】を調査!

カメラの撮影機材って買うのにはかなり勇気のいる値段のものばかりなんですけど、買い始めるとどんどん色々試したくなっちゃうんですよね…。

今回はそんな方におすすめしたいカメラレンタルのサブスク「GooPass」について、サービスの特徴や料金、口コミなど気になる情報をご紹介していきます!

 

※サブスクとは?についてはこちらの記事をご覧ください。

サブスク(サブスクリプション)とは?本当の意味や種類、サービスを利用する時のメリットデメリットを解説します

 

 

【GooPass】のサービス内容

GooPassは1,500種類もの撮影機材の中から、月額定額制でレンタルすることが出来るサブスクリプションサービスです。

月額6,380円~で1つのパスごとに1つの撮影機材を借りることが可能。

最大2つまでパスの契約をすることが出来ます。

 

返却期限無し!気が済むまでレンタル出来る

なんとGooPassのレンタル機材には返却期限がありません。

月額料金を払っていれば気が済むまでその機材を借り続けることが出来るんです。

 

借りられる機材やメーカーは?

実際にどのような種類の撮影機材を借りることが出来るのかまとめてみました。

 

GooPassで借りられる機材の種類

レンズキット/カメラ本体/交換レンズ/ドローン/スマートフォン/ジンバル/三脚・一脚/マイクなど…

カメラは一眼からシネマカメラ、アクションカメラまで購入するとなるとかなり高額なカメラまで借りることが出来ます。

 

GooPassで借りられるメーカー

Canon/Nikon/SONY/FUJIFILM/OLYMPUS/Panasonic/TAMRON/SIGMA/PENTAX/DJI/GoPro/CarlZeiss/RICOH/Kodak/Kenko/Parrot/Ryze Tech/Shenzhen Arashi Vision/COSINA/Tokina/SNOPPA/Blackmagicdesign/Leica/Helios/Apple/CONTAX/Other/Old/Lense/GooPass/Anhui Changeng Optical Technology/NiSi/H&Y

 

メーカーの種類もかなり豊富ですよね。

どのメーカーを買おうか迷っているときに実際に試しながら比較出来るという使い方も出来ます。

【GooPass】の月額料金プラン

GooPassでは、契約しているパスのレベルと同じRank以下の機材をレンタルすることが可能で、下記のように分かれています。

Goopass料金

送料は往復無料です。

また、これとは別に梱包料が1配送ごとに税込1,650円かかりますが、毎月1回「梱包料無料チケット」が配布されるので、実質月に2回以上レンタルする場合に発生する料金となります。

 

【GooPass】はオトクなのか?

GooPassは実際にどれくらいオトクなのか、大人気シリーズのGoProを例に見ていきたいと思います。

 

カメラレンタルのサブスク【Goopass】

出典:https://goopass.jp

 

HERO6 BLACK CHDHX-601-FWは、GooPassのLv1パス(月額税込6,380円)で借りることが可能。

定価購入だと39,800円くらいが相場です。

レンタルする場合は5日間で5,400円近くかかります。(さらに送料がかかる場合も)

レンタル料金で考えると1ヶ月あたりの金額はGooPassがかなりオトクであることが分かりますね。

半年以上借りる場合には買った方がお得になってくるので、1か月借りてみて気に入った場合には購入してしまうのもアリでしょう。

 

故障や紛失の際の補償は?

高額なレンタル品で気になるのが故障や紛失の際の補償ですよね。

到着時の故障・不具合や、通常の利用状況下における故障は修理費などは一切かかりません。すみやかに連絡をすれば代替品が用意出来次第送ってくれます。

利用者の過失による故障や破損の場合は、保証会社の判断により保険が適用となると、免責金額 税込5,000円(Rank1の機材は 税込2,000円)を上限とした費用を負担することになります。

盗難にあってしまった際は、警察署に盗難届を提出し、受理された場合には補償の対象となる場合があります。

もし紛失してしまうと製品の販売価格の100%を上限とする金額を請求される場合があります。

詳しくは公式サイトをご覧ください

 

【GooPass】の利用・会員登録方法

ここではGooPassの利用方法を詳しくみていきましょう。

  1. 公式サイトで機材リストを見ながら自分に合ったレンタルスタイルを考える
  2. 本人情報の登録、パスの契約を行ってレンタルを開始する
  3. 商品が届いたら付属品と動作の確認をする
  4. 届いた機材を思う存分使う
  5. 他の商品を使いたくなったら届いたときの資材で梱包して返却する
  6. 返却の確認が取れ次第次の商品をレンタルする

返却後は、同じパス内で他の商品をレンタルすることも可能ですし、借りたい商品のレベルに合わせてパスを変更することも可能です。

 

解約方法

GooPassには契約期間の制限などはないのでいつでも解約することが可能です。

次回契約更新日を迎える前にマイページから解約予約をし、契約更新日の前日までにレンタルしている機材が全て返却処理完了している状態にすればOK。

 

こちらもおすすめ

 

【GooPass】の口コミ・評判

GooPassの口コミやレビューをご紹介します。

 

【GooPass】のメリットとデメリット

GooPassのメリットとデメリットをまとめてみました。

 

メリット

  • 普通にレンタルするよりかなりお得
  • 月額料金内で何度でも交換することが出来る
  • 返却期限が無いので気が済むまでレンタル可能
  • ハイエンドモデルまで対応
  • 補償が付いているので故障の際も安心

 

デメリット

  • 返却期限が無い分在庫の再入荷のタイミングが分からない
  • 同じ物を借り続ける場合はある程度の期間をすぎると購入した方が安い

 

借りたいものが欲しいときに無いことがあったりするので、仕事での直近利用などには不向きかもしれません。

今後仕事や趣味で使う予定があって、試してみたいときなどにおすすめのサービスですね。

 

撮影機材もサブスクでコスパ良く!

カメラなどの撮影機材は気軽に借りようと思っても、レンタル費用も高額なことが多いですよね。

結局レビューを見まくって購入の決断をする、という方も多いのではないでしょうか。

そんな方もGooPassなら気兼ねなくどんどんレンタル出来るので、とにかく色々機材を試してみたい方にはとってもオススメ!

コスパも良いサブスクです。

気になった方はまずは公式サイトで、機材のリストを見てみてください。