電子書籍のサブスクはいくつかあり、どれがいいのか迷ってしまいますよね。今回ご紹介する「auブックパス」も電子書籍が読めるサービスの一つ。85万冊以上のコミック、雑誌、実用書、小説からお気に入りを選んで個別に購入したり、読み放題で読んだりできます!

このサブスクのポイント!

  1. KDDI株式会社が運営する電子書籍のサブスク
  2. 利用方法は3種類(読み放題、都度購入、無料配信)
  3. 人気作も1巻無料で読めちゃう

【auブックパス】とは?

電子書籍のサブスク【auブック放題】

出典:https://bookpass.auone.jp

 

auブックパスとは、KDDI株式会社が運営する電子書籍サイトです。

85万冊以上のコミック・雑誌・実用書・小説の中から、お気に入りの作品の読み放題や購入ができるサービス。

中には無料で読める本や、不定期でお得なクーポンの配布もありますよ。

 

▼マンガ読み放題のサービスでお悩みの方はこちらもおすすめです!

【2022年】漫画読み放題のサブスクはどれがいい?月額料金やジャンルを比較して紹介します!

 

auブックパスの使い方

auブックパスの使い方には3つの方法があります。

  1. 無料で読む
  2. 好きな本だけ読む
  3. 読み放題で読む

それぞれ詳しく解説していきます。

 

1.無料で読む

サブスクなのにタダ?!と思われるかもしれませんが、無料で読めちゃう作品も用意されています。

「無料」の赤ラベルが付いている作品は「読む」ボタンを押すだけで閲覧スタート。

しかも、面倒な会員登録も必要ありません!

アニメ放送中の人気作も無料で読めちゃいますよ。

電子書籍のサブスク【auブック放題】

出典:https://bookpass.auone.jp

さすがに人気作品は1巻のみとなっていますが、丸々一冊分無料で読めるなんて太っ腹じゃないでしょうか?

1巻のみ無料で読んで、気になる続きを個別購入する賢い方法もアリです。

2.好きな本だけ読む

月額0円で読みたい本の料金だけを支払う方法です。

auのスマホをお持ちでない方はauIDの取得から始めましょう。

電子書籍のサブスク【auブック放題】

出典:https://id.auone.jp

個別購入する場合は不定期でクーポンの配布やキャンペーンの開催もあるので、お得に購入することができます。

例えば毎月3が付く日には「三太郎の日」としてお得なクーポンが配布されていますよ。

購入したい本が見つかった場合には、クーポンを利用してお得にお買い物をしたいですよね。

 

3.読み放題で読む

読み放題は2つのプランから選ぶことが出来ます。

 総合コースマガジンコース
月額料金618円(税込)418円(税込)
対象「読み放題」ラベルが付いている作品(雑誌・コミック・小説・実用書)雑誌のみ
無料期間30日間30日間

「マガジンコース」は雑誌のみ読み放題となっていますが、「総合コース」はauブックパスで扱っている全ジャンルの読み放題ができるプランです。

総合コースであればお得感がありますが、雑誌コースは正直イマイチ…。

雑誌だけが読みたい場合には【dマガジン】の方がおすすめです!

読める数も多く、値段もほぼ変わらない(700誌以上で440円(税込))ので、気になる方はこちらもチェックしてくださいね。

こちらもおすすめ

 

読み放題じゃないってどういうこと?

電子書籍のサブスク【auブック放題】

auブックパスで検索すると「読み放題じゃない」という検索結果が目に入ります。

これはいったいどういうことなのでしょうか?

公式サイトには「読み放題」として2つのプランが用意されていると説明しましたが、それは間違いなの…?

気になったので口コミを検索してみました。

色々と調べた中で多かったのが、

「一部のみが読み放題で全て読めない」

「そもそも読み放題作品が少ない」

といった声でした。

電子書籍のサブスク【auブック放題】

出典:https://bookpass.auone.jp

読み放題サービスあるあるですが、人気作品は冒頭の数巻のみが読み放題となっている場合が多いです。

それはどのサービスでも同じなので仕方のないことだと思いますが…。

読み放題対象が少ないというのは少し引っ掛かりますね。

 

auブックパスとブック放題を比較!

同じく読み放題サービスを提供している「ブック放題」と比較してみました。

ブック放題 auブックパス
月額料金 550円(税込) 618円(税込)
対象作品数 40,000冊以上 1,729作品
※冊数ではなく作品数です。
ジャンル マンガ全般、雑誌 マンガ全般、雑誌、実用書、小説、ライトノベル等
無料期間 1ヶ月 30日間

月額550円(税込)で利用できるブック放題は、雑誌700誌以上、マンガも40,000冊以上が読み放題でコスパ最強と言われています。

これに対してauブックパスで読み放題になっている作品は1,729作品(2022年4月現在)。

※冊数に換算すると5000冊程度と言われています。

この結果を見ると口コミで言われている「読み放題対象が少ない」というのも間違いではなさそうです...。

 

読み放題として利用するには少し物足りないかもしれませんが、個別購入したり、無料で試し読みをする分には問題なく利用できると思います。

30日間は無料で使うことができるので、じっくり試してみてくださいね!

 

お支払い方法

auブックパスには以下3つのお支払い方法が用意されています。

  • auPAY残高
  • auかんたん決済(通信料と合算)
  • クレジットカード決済(VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club)

au PAY、またはauかんたん決済を選択することでクレジットカードをお持ちでない方でも利用することができますよ。

 

利用できる環境

au以外のキャリアを使用している方でも、auブックパスを利用することができます。

※auIDの作成が必要です。

利用できる端末は以下の通り。

  • スマートフォン
  • タブレット
  • パソコン

アプリやブラウザからマンガを読むことができます。

 

解約方法

読み放題プランの解約は、以下の手順です。

ブラウザ画面TOP→メニュー右上→マイページ→マイページ内「読み放題プラン退会」

auを解約した場合でもauIDをメールアドレス型のものに変更することで、以前購入した本を引き続き読むことができますよ!

 

auブックパスの口コミや評判

実際に【auブックパス】を利用している方の声を集めてみました。

 

良い口コミ

無料で読めることで、新たな作品との出会いもあるようです。

「ちょっと読んでみようかな~」という気持ちでお試しできるので、大好きな作品に出会えるかもしれませんよ!

 

イマイチな口コミ

「アプリからストア」へ飛べなくなったバージョンアップについて、不満を持っている方が多かったです。

Googleの規約変更によるものらしく仕方がないですが、サクサク読めるアプリのメリットが失われてしまったため改悪と言われています。

 

メリット・デメリット

サービスを調べて感じたメリットとデメリットをお伝えします。

 

メリット

  • 無料で読める作品がある
  • ワンコインで利用できる
  • Pontaポイントが貯まる、使える
  • ダウンロードしてデータを持ち運べる

 

デメリット

  • 他のサービスに比べて読み放題対象作品が少ない
  • アプリからストアに飛べない

 

読み放題をお得に楽しもう!

KDDI株式会社が運営する【auブックパス】をご紹介しましたが、いかがでしたか?

読み放題サービスとして「ここがいい!」と強くおすすめ出来る点があまりありませんでしたが、都度購入をするならauユーザーや、pontaカードをよく利用している方にぴったりなサービスです。

マンガの読み放題サービスが利用したい方には「ブック放題」「シーモア読み放題」がおすすめですよ!

こちらもおすすめ