突然の雨にも困らない!傘のシェアリング型サブスク「アイカサ」は、おすすめの人気サブスクリプションサービスです。外出先での急なゲリラ豪雨にも対応。必要な時に傘を借りれば、家にビニール傘が溜まる心配もなし。これからは傘は持ち歩かずに借りる生活へ!注目の「アイカサ」の利用プラン、月額料金、解約方法などを徹底解説しています。

このサブスクのポイント!

  1. 傘を持ち歩かず、傘が必要な時に必要なだけ借りる
  2. 簡単には壊れない丈夫な素材なので、無駄なゴミが出ない
  3. ビニール傘を買うより安く済む

傘のシェアリング型サブスクで人気のアイカサ

傘のシェアリング型サブスクで人気のアイカサとは
天気予報を見るのを忘れ、外出先で雨に降られてビニール傘を買う羽目に。。。

独り暮らしなのに家には何本ものビニール傘が。。。

夜の雨に備えて日中に傘を持ち歩くのが面倒くさい。。。

折りたたみ傘をバッグに入れておくとかさばる。。。

日常生活における傘のちょっとした悩みって意外とありますよね。

傘を持ち歩かず、傘が必要な時に必要なだけ借りる。

そんな便利なサブスクリプションサービスがありました。

それが傘のシェアリング型サブスクの「アイカサ」です。

今回はこの話題のサブスクサービス「アイカサ」について、サービス内容・利用プラン・月額料金・会員登録・解約方法など詳しく解説していきますね。

サブスクって何となくは分かるけど。。。という方は、まずはこちらの記事から御覧ください。
>>サブスク(サブスクリプション)とは?本当の意味や種類、サービスを利用する時のメリットデメリットを解説します

 

アイカサのサービス内容

アイカサは、「もう傘を持ち歩かない生活を」をコンセプトに、2018年12月にサービスを開始しました。

単なる傘のシェアリングサービスではなく、傘をシェアすることでビニール傘の廃棄を減らし、環境保全も考えられているサービスなんです。

ちなみに、毎年日本で消費されるビニール傘は約8000万本で、その多くは地中に埋め続けられているとか。

このような問題を解決できるように、アイカサでシェアされる傘本体には下記の工夫が施されています。

 

丈夫な素材

暴風にも耐えられるグラスファイバー素材が使われています。

簡単には壊れない丈夫な素材なので、無駄なゴミが出ません。

 

リペア可能

傘の骨が1本折れてしまっても、1本だけ取替可能な仕様になっています。

何度もリペアできるので、使い捨てのビニール傘を減らせます。

現在アイカサが設置されているのは、東京駅や新宿駅を始めとした都内全域と関東、関西、福岡、岡山、愛知など全国850ヶ所のスポット(駅、商業施設、コンビニ、飲食店など)。

このアイカサスポット(傘立て)から傘のレンタルと返却ができます。

 

アイカサの利用方法

アイカサはスマホのアプリ(iOS、Android)から利用します。

アプリをインストールしたら、LINE、Google、Apple IDのいずれかを使って利用登録しましょう。

 

傘のシェアリング型サブスクで人気のアイカサの会員登録簡単に登録できるのが嬉しいですね。

決済手段を登録したら、まずは近くのアイカサスポットを探してみましょう。

マップにある「かりる」をタップすると傘を借りる画面になります。

傘を使い終わったら、近くのアイカサスポットに行き傘を返却すればOK。

対象エリアによって2パターンの借り方があるので、動画で見てみましょう。


アイカサのメリット

アイカサのサブスクを使うメリットは、大きく2つあります。

 

ビニール傘を買うより安い

24時間70円で使えるので、ビニール傘を買うより安くすみます。

使わないビニール傘が何本も家に溜まることもなくなりますね。

 

手ぶらで外出

外出先の近くにアイカサスポットがあれば、かさばる傘を持ち歩く必要もありません。

急なゲリラ豪雨になってもサッと傘を用意できます。

 

アイカサのデメリット

現在、アイカサスポットは徐々に増えていますが、まだエリアが日本全国ではありません。

現在のスポットは、東京神奈川埼玉茨城愛知大阪兵庫奈良福岡佐賀岡山となっています。

 

アイカサのレンタル可能スポット出典:https://www.i-kasa.com/

 

アイカサの趣旨に賛同した様々な企業との取り組みも始まっているので、対象エリアの拡大に期待しましょう。

 

こちらもおすすめ

 

アイカサの利用プランと月額料金

アイカサでは選べるプランは2種類。

基本的には使った時だけ料金が発生する形ですが、「使い放題プラン」は月額料金制=サブスクとなります。

 

使った分だけプラン

1本あたり70円/24時間

24時間を超えた場合は、24時間毎に70円(税込)がかかります。

ただ6日目以降は課金がストップするので、ずっと借りっぱなしになってもかかる金額は420円(税込)までです。
※同月内の最大金額

 

使い放題プラン

サブスクプランの方は、1ヶ月280円(税込)となっています。

1ユーザーあたり2本まで同時レンタルが可能になっているので、1本は自宅に、もう1本は外出先での急な雨降りにといった感じで使うのもOK。

 

紛失時の支払い義務について

紛失した際は合計864円が発生します。

 

支払い方法について

決済方法がクレカのみというサブスクが多い中、アイカサでは様々な支払い方法が用意されています。

現在使える支払い方法は、クレジットカード(Visa / MasterCard / JCB / Diners Club Card / American Express)、LINE Pay、d払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いです。

その他の支払い方法も順次対応中とのことでした。

 

解約方法について

アイカサのサブスクを解約する方法は簡単です。

アプリのマイページの中にある「プラン変更」から「通常プラン」に変更するだけです。

サブスクは解約になり通常プランに切り替わっているので、急な雨で傘を借りたい場合すぐに利用できます。

会員アカウント自体の削除も可能ですが、その場合急に傘が必要になった時に、決済登録などを初めからやり直さないといけません。

通常プランは70円/24時間で、使わなければ課金されないので、サブスクを解約したい場合は料金プランの変更だけにしておいた方がいいでしょう。

 

アイカサの口コミと評判

アイカサを利用したことがある人たちの口コミや評判をチェックしてみましょう!

 

 

注目のサブスクアイカサを始めよう

今話題の借り放題のファッションサブスク【アイカサ】のサービス内容や利用料金、評判や解約方法などについて解説してみましたがいかがだったでしょうか?

単なる傘のシェアリングサービスではなく、環境保全にも配慮したビジネスモデルになっています。

また雨傘だけではなく、熱中症予防の一環として日傘をレンタルできるキャンペーンも始まっています。

アイカサの対象エリアはまだ都市部に限られていますが、対象エリアの方はおすすめのアイカサのサブスクをぜひ試してみてください!