今回はテーマパークの年パスの値段について徹底紹介していきます。テーマパークといえば、ディズニーやUSJなどを思い浮かべる人が多いと思いますが、実は他にもたくさんあります。関東に留まらず地方のテーマパークの年パスについても、値段やチケットの種類などについて詳しく解説するので、一覧でチェックして下さいね!

この記事のポイント!

  1. 全国有名どころのテーマパークの年パスについて解説
  2. 何回行けば元が取れるのかを検証!
  3. 各テーマパークの特徴もご紹介!

 年パス(年間パスポート)って大体いくらぐらい?

テーマパークの年パス

 

1日限りのチケットを1回単位で買うのではなく1年分をまとめて支払い、1年間有効な入場券を購入するというのが年パス(年間パスポート)です。

(※年パスが利用できるのは、基本的に購入してから1年という期間(期限)が多いですが、中には決められているところもあります)

単発購入よりもまとめて買う方が1回単位の値段が少し安くなるため、しょっちゅう足を運ぶ人にとっては年パスの方が断然お得!

イメージしやすいところでいうと、ディズニーやUSJ(ユニバ)の年パスではないでしょうか。

ながちゃん

実際にながちゃんの周りにも、ディズニーの年パス買っている人は結構いるな~~!

そんな年パスですが、一体いくらで販売しているのか気になる人も多いですよね。

今回はディズニーやUSJをはじめとした【テーマパーク】に絞って、各年パスがいくらで購入できるのか値段を調べてみました!

料金の他にもチケットの種類や購入方法、また普通に買った時と年パスではどれぐらいお得かなども徹底比較してご紹介していきます。

テーマパーク好きの人は必見ですよ!

ぜひお出かけの際の参考にしてくださいね。

 

【2022年】各テーマパークの年パスの値段①

ここからはさっそく、各年パスの値段やチケットの種類、また年パスと通常購入どちらがお得かなどをわかりやすくまとめていきます。

年パスを購入しようか迷っていた方、購入したい方、いくらなのか気になるという方などはぜひ最後までチェックして下さいね!

 

まず初めに、各テーマパークの年パスをそれぞれ大人料金だけ表にして見やすくまとめてみたので、こちらをご覧ください。

右の欄は、1年で何回足を運べば年パスがお得になるのかの回数になっています。

テーマパーク名チケットの種類値段(税込)お得な回数
ディズニーランド・シー①2パーク年間パスポート
②ランド年間パスポート
③シー年間パスポート
①大人:99,000円
②大人:68,000円
③大人:68,000円
年7回
USJ①ユニバーサル年間パス・ライト
②ユニバーサル年間パス
③ユニバーサル年間パス VIP
①大人:19,800円
②大人:26,800円
③大人:37,800円
年に3回
サンリオピューロランド①年間パスポート①大人:15,000円年に4回
レゴランド①スターター
②スタンダード
③プレミアム
①大人:7,100円
②大人:16,400円
③大人:21,900円
年に1回
スモールワールズTOKYO①年パス①大人:9,800円年に4回
ハウステンボス①一般価格
②九州在住者限定価格
③長崎県民価格
④障がい者料金
①大人:22,000円
②大人:20,000円
③大人:19,000円
④大人:11,000円
年に4回
ひらかたパーク①入園+フリーパス
②入園のみ
①大人:18,000円
②大人:6,000円
年に5回
志摩スペイン村①年間パスポート①大人:12,300円
年に3回
ジョイポリス①年間パスポート①大人:13,000円
年に3回
富士急ハイランド①年間フリーパス①大人:18,900円年に4回
那須ハイランドパーク①シーズンパス①大人:13,000円
年に3回
カップヌードルミュージアム①年間パスポート①大人:1,500円
年に3回
東京ドイツ村①入園パスポート
②乗り物パスポート
①大人:5,000円
②大人:10,000円
年に13回
(徒歩の場合)
マザー牧場①2年間パスポート①大人:4,200円
年に3回

 

中人や小人などの他の値段に関しては、今から詳しくご紹介していきます!

 

①ディズニー

【2021テーマパーク】年パスについて

出典:https://www.tokyodisneyresort.jp

 

ディズニーは大人にとっても永遠の夢の国で、ゲストが最大限に楽しめるよう様々な配慮がなされている素敵なテーマパーク。

残念なことに、コロナの関係で現在は年パスの販売を中止しているそうです。

そのため公式サイトからは値段表記などが消えています。(※2022年1月6日時点)

値上げしている可能性もあるので確実ではないですが、販売を行っていた頃の情報を載せておくので、いつか年パスが再開されるときまでの参考にしてくださいね。

 

2パーク年間パスポート

  • 大人/中人:99,000円(税込)
  • 小人:57,000円(税込)
  • シニア:85,000円(税込)

 

東京ディズニーランド年間パスポート

  • 大人/中人:68,000円(税込)
  • 小人:40,000円(税込)
  • シニア:58,000円(税込)

 

東京ディズニーシー年間パスポート

  • 大人/中人:68,000円(税込)
  • 小人:40,000円(税込)
  • シニア:58,000円(税込)

 

現在は1デーパスポートの料金が日によって変動しているため、1番高い料金の9,400円(税込)で計算をすると、ディズニーランドとシーそれぞれの年間パスポートで考えた場合、年に7回以上足を運んでいる人であれば断然年パスの方がお得です!

 

年パス購入方法

パークの年パスは、こちらの公式サイト内「オンライン予約・購入サイト」から購入できます。

ただし、現在は年パスの販売を行っていないので情報は載っていません。

 

こちらもおすすめ

 

②USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)

【2021テーマパーク】年パスについて

出典:https://www.usj.co.jp

 

ディズニーと同様に年パスといって思いつくのはUSJではないでしょうか。

USJには年パスの種類が3つあるので、それぞれをチェックしていきましょう!

各年パスの異なるポイントとしては、1年間で除外日が何日あるかというところ。

それによって値段も変わっているので、わかりやすく紹介していきます。

 

ユニバーサル年間パス・ライト

(ライトな価格でお得に楽しみたい人向けのパス)

  • 大人:19,800円(税込)
  • 子ども:13,800円(税込)
  • 除外日:年間約70日(以下の日付)

―2022年除外日―

3月:19日~31日

4月:29日~30日

5月:1日~6日

7月:17日

8月:6日~17日、20日、21日

9月:10日、11日、17日~19日、23日~25日

10月:1~2日、8~10日、15~16日、22~23日、29~31日

11月:3日、5~6日

12月:3~4日、10~11日、17~18日、24~25日、28~30日

 

ユニバーサル年間パス

(ハロウィン・クリスマスなどイベントも存分に楽しみたい人向けのスタンダードなパス)

  • 大人:26,800円(税込)
  • 子ども:17,800円(税込)
  • 除外日:年間約20日(以下の日付)

―2022年除外日―

3月:20日、26日~30日

4月:30日

5月:1日~5日

8月:11日~14日

10月:9日

12月:24日、30日

 

ユニバーサル年間パス VIP

(1年中いつでも何度でも好きな時に行きたい人向けのパス)

  • 大人:37,800円(税込)
  • 子ども:25,800円(税込)
  • 除外日:なし
ながちゃん

やっぱりVIPともなると除外日なしでいつでも行けるんだね~!USJマニアにはかなりおすすめっ!

USJの1デイ・スタジオ・パスは大人で8,400円(税込)なので、スタンダードな年間パスで見てみると、年に3回以上行く人であれば断然お得になっています!

 

年パス購入方法

年パスは、こちらの「WEBチケットストアで新規購入」から買えます。

他にもパークのチケットブースローソン店頭の「Loppi」でも購入できますよ!

ただし、チケットブースは混雑する可能性が高いため、WEBチケットストアで購入するのがおすすめです。

 

③サンリオピューロランド

【2021テーマパーク】年パスについて

出典:https://www.puroland.jp

 

サンリオピューロランドといえば、子どもが好きなイメージが強いのではないでしょうか。

特に女の子を持つ親は、子どもが小さい頃に連れて行ったなんてことも多いと思います。

サンリオピューロランドはディズニーやUSJと違い全館屋内型の施設なので、天候を気にせず遊べるのがポイント!

そのため、天気予報を見ずとも好きな時に足を運べちゃいます。

そんなサンリオピューロランドにも年パスがあるので、気になる値段を見ていきましょう。

 

年間パスポート

  • 大人:デジタル版20,000円(税込)/カード版22,000円(税込)
  • 小人:デジタル版10,000円(税込)/カード版12,000円(税込)

 

サンリオピューロランドの1デーパスポートは、平日だと大人が3,600円、休日が3,900円となっているため、年に4回以上行く方は年間パスポートを購入した方がお得ということになりますね!

年パスを購入すると人気キャラクターのパスポートが作れたり、エントランスショップの買い物が5%OFFになったりなど嬉しい特典も。

 

年パス購入方法

サンリオピューロランドの年パスは、WEBでの購入は行っていません。

サンリオピューロランドチケット窓口」での購入となります。

その際に「デジタル版」か「カード発行」のどちらかを選びましょう。

それぞれのその後の手続き方法については、こちらの公式サイトをご覧ください。

 

④レゴランド・ジャパン・リゾート

 

レゴランドは、楽しさと学びを提供する教育的要素を持ったテーマパークとして人気を集めています。

デンマークで生まれた世界的知育玩具のレゴモデルに触れて創作できるという体験型のテーマパークで、2017年に名古屋でオープンしました。

レゴは男女ともに人気なため、子どものいる家庭はぜひ1度足を運んでみると良いのではないでしょうか。

そんなレゴランドの年間パスポートの値段は以下のとおりです。

 

スターター

(1年間、レゴランド・ジャパンが楽しめるチケット)

  • 大人:9,900円(税込)
  • 小人:6,600円(税込)

 

スタンダード

(1年間、レゴランド・ジャパンとシーライフ名古屋が両方楽しめるチケット)

  • 大人:16,400円(税込)
  • 小人:10,700円(税込)

 

プレミアム

(1年間、レゴランド・ジャパンとシーライフ名古屋が両方楽しめるのに加え、レゴランド・ディスカバリー・センター(東京/大阪)、マダム・タッソー(東京)へ入場が可能)

  • 大人:21,900円(税込)
  • 小人:16,900円(税込)

 

【2021テーマパーク】年パスについて

出典:https://www.legoland.jp

 

レゴランドの1DAYパスポートの料金は、上の写真のようになっています。

前日・当日の割引なしの1番高い値段が7,100円なので、それで計算すると年に1回以上足を運んでいる人であれば年パスがお得ということになりますね。

ながちゃん

い、1回…!?これならアクセスしやすい人であれば年パスの方が断然お得だね!驚き!

年パス購入方法

パークの年パスは、こちらの公式サイト内とセブンイレブンで購入することが可能です。

セブンイレブンで購入する場合はプラスチックカードでの発行となります。

 

⑤スモールワールズTOKYO

【2021テーマパーク】年パスについて

出典:https://www.smallworlds.jp

 

スモールワールズTOKYOは、2020年6月に東京有明に誕生した全天候型ミニチュアテーマパークです。

かなり細部までこだわって作られた小さな世界は圧巻もの!

見ているだけでワクワクするような世界観となっており、子どもだけでなく大人までしっかり楽しめるパークとなっています。

パーク内は6つのテーマで繰り広げられ、中にはなんと大人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」や「エヴァンゲリオン」の街を体験できるエリアもあるんです!

スモールワールズTOKYOの年パスは除外日なく1年間何度でも来場でき、同伴者の入場料割引や食事などの割引特典が受けられちゃいます。

ながちゃん

セーラームーン大好きだったな~♡(世代バレる…) めちゃくちゃ行きたいっ!!

年パス

  • 大人:9,800円(税込)
  • 中人:7,600円(税込)
  • 小人:5,900円(税込)

 

スモールワールズTOKYOの1日入場券の値段は大人が2,700円(税込)のため、計算すると年に4回以上足を運ぶ人であれば年パスの方がお得ということがわかります。

また他にも、入場パスポートとスモールワールズTOKYOの食事がセットになったお得なプランもあるので、こちらの公式サイトをチェックしてみてくださいね!

 

年パス購入方法

スモールワールズTOKYOの年パスを購入するには、来場して1Fのチケットカウンターから購入が可能です。

公式サイトなどのWEBからは買うことができないので注意して下さい。